取立で生活に支障が出る状況は法律に違反しています!速やかにトラブル相談を!

銀行や大手消費者金融の場合、返済において万が一のことがあっても法令に則るだけでなく、社会的な配慮を十分に考えた督促行為が行われます。そもそも、貸金業法においては取立行為についても厳しく規制がされており、違反するだけで行政処分や日本貸金業協会からの処分、そして社会的に問題視され制裁を受けてしまいます。

そのため、銀行や大手消費者金融、そして債権を回収する債権回収会社はより慎重な行動を取ります。しかし、中小消費者金融の中には法規制や自主規制ギリギリの取立行為を行う会社は少なくはありません。基本的には生活に支障がでることが違反に該当するものの、その基準は個人個人異なるものとなります。

勤務先への電話連絡が問題無い場合と個人情報保護の観点からNGとなることは少なからずあります。先ずは、規制に則っているものの、状況に応じて生活に支障が出る場合は速やかに関係各所に相談することが重要です。消費者金融から見て問題無いと判断しても、個々に異なるケースがあるため、不審や迷惑と感じた際には相談をしましょう。