おまとめローンが重宝する場面とは

他社からの借入を一つにまとめたい場合に役立つのがおまとめローンで、おまとめ目的として借りる場合はキャッシングより審査に通過しやすいです。キャッシングは多目的に使用できますが、おまとめ融資には消極的な金融機関が多いです。ローンは目的にマッチした用途で借入するのが一番借りやすく、キャッシングは消費目的、つまり生活費全般をカバーする用途となります。おまとめは生活費に分類されませんから、一本化するならおまとめローンがおすすめです。

金利も低いものが多いため、毎月の返済を楽にすることができます。実質年率を見るときは何%で借入できるのか事前に確かめておく必要があります。金利設定は幅があるのが普通であり、4.5%~17.5%といった表記になっています。何%が適用されるのか事前に金融機関に問い合わせれば教えてくれることがあるのです。

おまとめローンは総量規制外になるメリットもあり、これはノンバンクにも言えることです。消費者金融ローンはすべて総量規制対象になると思われていますが、おまとめ専用のローンは除外されます。こうしたローンはその他の用途には使用できず、生活資金として借りることはできません。あくまでおまとめに特化しており、だからこそ総量規制の対象外・低金利で借りられるのです。